イベント情報

トップページ > イベント情報 > 平安神宮奉納小丸屋琳派展「神楽の言ノ葉2015」開催報告
平安神宮奉納小丸屋琳派展「神楽の言ノ葉」2014年11月28日(金)〜30日(日)平安神宮 額殿

開催報告書PDFのダウンロードはこちらから

開催概要

秋の京都を彩る文芸団扇の風雅な魅力

 例年よりも暖かな日が続いていた京都でも、ようよう暮秋の彩りへと移り変わりはじめた2015年11月、平安神宮にてふたたび「小丸屋琳派展 神楽の言ノ葉」が開催されました。
 平安神宮は明治28年、雅やかな日本文化を象徴する平安京の姿を後世に伝えるため、四海平安の祈りを込めて創建されました。丹塗りの柱や碧瓦を葺いた壮麗な社殿は、かつての平安京の正庁である朝堂院の様式を復元したもので、在りし日の平安京の姿を彷彿させてくれます。
 平安神宮のシンボルともいえる大鳥居がそびえる神宮通りをたどり、正門である應天門をくぐると、境内に入ってすぐ左手に見える入母屋造りの建物が本展会場となった額殿です。額殿は普段より奉納された額や絵馬などを掛け置くための場所として用いられ、「絵馬堂」とも呼ばれています。本展会期中はここに紅白幕を張りめぐらせ、奉納のための設えとしました。
 額殿の内部は、格子の天井板までもが朱色に彩られた艶やかな空間です。この四方の壁にぐるりと展示台を配して、総数306点ものきらびやかな文芸団扇が並べられました。
 また、中央展示台には、本展の団扇制作にもご尽力いただいた京都の老舗、小丸屋によるオリジナル琳派団扇が展示されました。
 琳派とは桃山時代後期に興った芸術上の流派のひとつで、本年が流派の創始から400年目にあたることから現在、京都を中心にさまざまな記念事業が展開されています。これに伴い、小丸屋より琳派の特徴である大胆な構図や豊かな装飾性などをとり入れた贅沢なオリジナル団扇が発表され、このたびの共同展示となりました。
 そして、本展で展示された文芸団扇306点においても、すべてこの琳派の技法をとり入れたかたちで制作されております。上辺を少し窪ませた特徴ある団扇の形は「古代型」と呼ばれるもので、その昔に琳派の絵が描かれていた団扇の形を復元したものだということです。一般的なものより少し大振りなこの団扇面に一点一点、流麗な筆文字で詩歌が記されています。そして、その詩歌に寄りそうように丹精込めて描かれた挿絵は、数多くの寺社奉納をなされてきた絵師、寺岡多佳氏によるものです。仕上げに振られた金砂子が画面に霞たなびくような陰影を生みだし、装飾的でありながらも気品に満ちた仕上がりとなりました。
 また、開催初日には舞妓さん芸妓さんらも来場し、会場に華を添えました。
 京の豊かな伝統文化に彩られ、「神楽の言ノ葉」はご祭神を喜ばせ、末永い詩歌繁栄を祈願するにふさわしい贅沢で風雅さ漂う文芸展となりました。

本展で展示された文芸団扇306点においても、すべてこの琳派の技法をとり入れたかたちで制作されております。

 

アンケート結果

アンケート結果から

 会場では来場者を対象にアンケート調査を実施し、計381件のご回答をいただきました。
 本展には、平安神宮を訪れた多くの参拝者にお立ち寄りいただくことができ、詩歌愛好家のみならず、たくさんの方々に広くその魅力をアピールすることができました。一昨年の文芸奉納展の好評を受けての再度開催となった本展ですが、今回も「平安神宮の風雅な雰囲気でとても詩歌を楽しめた」など、好意的なお言葉を多数いただきました。
 また琳派の装飾をとり入れた団扇については、「風流で時間を忘れて見入った」「涼をとるための実用品ではなく、芸術品だと感動した」等の言葉が寄せられており、ひとときの眼福を得る機会としていただけたようです。
 詩歌作品についてのご感想も数多く寄せられており、「涙やら笑いやら、素晴らしい作品をたくさん拝見できた」「心に残る言葉を読み、言葉の力をもらった」などさまざまなコメントを頂戴しております。
 本年もこの奉納展を通して、多くの方にゆったりと詩歌鑑賞をたしなむ風雅なひとときを過ごしていただくことができましたことは、このうえない喜びでございます。これもひとえに、ご参加くださいました皆様のおかげと存じ、あらためて心より感謝申しあげます。

本展には、平安神宮を訪れた多くの参拝者にお立ち寄りいただくことができ、詩歌愛好家のみならず、たくさんの方々に広くその魅力をアピールすることができました。
お問い合わせ お問い合わせフォームへ 電話番号:03-5774-7321